面倒な賃貸管理は専門業者に丸投げ|楽々運営

民泊ビジネスで不動産活用

間取り図

ノウハウなしでも心配無用

数ある不動産関連ビジネスの中でも、近年特に話題になっているのが民泊代行業です。民泊とは、ホテルや旅館などの宿泊専用施設以外に旅行者を宿泊させることをいいます。airbnbというウェブサービスの普及に伴って急激に注目度が増加しています。airbnbは2000年代後半にスタートした宿泊施設マッチングサイトです。あらかじめ登録された個人住宅やアパート・マンション等を旅行者に紹介し、手数料を得ることで運営されています。現在では世界中でサービスが展開されています。民泊代行業者は、airbnbをはじめとする各種の施設紹介サイトを経由して利用を申し込んできた旅行者に対し、予約の受付、鍵の受け渡し、料金の精算といった接客業務全般を施設所有者に代わって行います。また、施設の清掃やメンテナンスといった業務も代行します。民泊施設の運営は、所有者が自ら行うことももちろん可能です。ただ、ノウハウを持たない者が上に掲げたような業務をすべて独力でこなすのは簡単ではありません。また、民泊ビジネスが注目されるにつれ、施設同士の競争もだんだん激しくなってきます。稼働率を向上させるには、質の高いホスピタリティを提供してリピーターを増やしたり、口コミでの評判を高めたりする必要があります。こうした理由から、エキスパートである代行業者が選ばれるようになってきているのです。加えて、airbnbは外国人利用者が多いため、最低でも英語、場合によってはそれ以外の外国語での接客対応が求められます。こうした点も代行業者のニーズが高い理由となっています。